JA中河内

ふれあい情報ブログふれあい情報ブログ

JA大阪中河内で行いましたイベントなどの活動報告です。

第13回長瀬地区JAまつり開催!

イベント 2019/11/12

JA大阪中河内は11月2日、東大阪市立金岡中学校で第13回長瀬地区JAまつりを開催しました。天候にも恵まれ、約3,000人が会場に足を運びました。

s-●IMG_0172.jpg

詳細はこちら

北高安支部成年部 慰問事業でキクの花贈呈

組合員活動 2019/11/05

北高安支部成年部は、八尾市社会福祉協議会を通じて八尾市内にある計3か所の福祉施設に八尾市特産のキクの花を贈呈しました。

●IMG_2237.JPG

詳細はこちら

初売りに長蛇の列「新米フェア」を開催!

農産物PR・イベント 2019/11/05

JA大阪中河内成年部本部役員会(竹田雅実会長)は10月26日、今年で4回目となる「新米フェア」を農産物直売所「畑のつづき」全7店舗で開きました。このイベントは、地産地消による地域農業の振興とコメの販路拡大を図るために、自らが生産者である同役員会が企画し、JA役職員と協力して販売を行いました。

「新米フェア」では、JA大阪中河内オリジナルブランド米「河内っ子ひのひかり」の新米を5kg1,480円(当日限定価格〈税込〉)で販売。今年の初売りとなる新米を買い求めるため、各店とも開店前から長蛇の列ができていました。

八尾河内っ子.JPG

詳細はこちら

読み聞かせサークルが朗読のスキルアップ講習会を実施

その他 2019/11/01

JA大阪中河内女性会読書ボランティアサークル「おはなしぽん」は10月24日、本店6階の会議室で「朗読のスキルアップ」についての講習会を行いました。講師は、地元ラジオ局「FMちゃお」でパーソナリティを務める槇野祐美子さんと村田季世子さんにお願いしました。

朗読や読み聞かせの基本である声を「届ける」ための発声練習や滑舌をよくするための方法などを実践形式で学びました。また、朗読するスキルを身につけるため、短い例文を使って間の開け方や声の高さを意識して伝えたい部分を強調するトレーニングも行いました。そのあと、実践練習として芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の一部を朗読しました。

●DSC_0009.JPG

詳細はこちら

日頃の感謝を伝える 「八尾地区年金友の会のつどい」を開催

その他 2019/10/25

JA大阪中河内八尾地区年金友の会は11日、八尾地区の各支店で年金を受給している利用者を招待し、八尾市文化会館「プリズムホール」で「令和元年度八尾地区年金友の会のつどい」を開催しました。八尾地区年金友の会の会員に日頃の事業利用への感謝を伝え、有意義で楽しい時間を過ごしてもらう毎年恒例の一大イベント。今年は午前・午後の部を合わせて2,396人が参加しました。

八尾地区年金友の会の植田紀一副会長による挨拶の後、当JAの西川喜清代表理事組合長が挨拶し、「年金友の会は皆様のおかげで大きな組織となった。これからも『地域にあって良かった』と思ってもらえるようなJAを目指して頑張っていきたい」と話しました。●DSC_0214.JPG

詳細はこちら

新入職員が農作業に汗ながす!!

その他 2019/10/11

営農経済部は、営農総合センターで10月2日から、平成31年度新入職員を対象に、今年最後の農業体験研修を開始しました。

●IMG_1573.JPG

詳細はこちら

女性会本部役員「正月用品共同購入つみあげ運動」商品説明会に参加

組合員活動 2019/10/07

9月27日、大阪市中央卸売市場13階会議室にて開催された「令和元年度正月用品共同購入つみあげ運動」商品説明会に女性会本部役員10名が参加しました。

DSCN3148.JPG

詳細はこちら

支店職員がサツマイモ掘り体験で地域の皆様と交流

イベント 2019/10/04

JA大阪中河内では、自己改革の一環として支店ごとに独自の「地域貢献活動」を企画し、実践しています。大正支店では9月28日、曙川支店では29日に、支店管内にお住まいで5歳までのお子さまがいる家族を対象にサツマイモ掘り体験を実施した。会場はそれぞれのエリア内にある当JA組合員の圃場。サツマイモは5月に植え付け、水やりや除草などの作業を支店職員と組合員が協力して行い、生育を見守ってきました。

▼大正支店のサツマイモ掘りの様子

●IMG_1469.JPG

詳細はこちら

ケチャップ作りを通じて松原地区女性会会員が小学生と交流

組合員活動 2019/09/27

9月6日、松原市立三宅小学校の児童が、三宅支部女性会(中富久代支部長)の会員を同校の「夏休み作品展」に招待しました。毎年、食農教育の授業で講師を担当する女性会会員に感謝の気持ちを伝えることが目的で、体育館に展示されたミニトマトの観察日記や工作の作品を女性会会員と児童が一緒に見て回りました。

●IMG_0328.jpg

◎三宅支部女性会は、2012年から毎年7月に同校の2年生を対象にした食農教育の講師を担当しています。食材は、児童が丹精込めて作ったミニトマトでトマトケチャップ作りを指導しています。

柏原地区JAまつりを開催!!

農産物PR・イベント 2019/09/26

9月14日、第10回柏原地区JAまつりを大和川河川敷(柏原市役所前)で開催しました。

開会に先立ち当JAの西川喜清代表理事組合長が挨拶し、「JAまつりでは安全・安心な地元の農産物をお買い求めいただき、地域交流の場として盛り上げたい。また、特産の『柏原ぶどう』はマレーシアへの輸出を拡大しており、『柏原ワイン』はG20で世界各国の首脳に振るまわれた。この歴史ある地元の特産品をしっかりと応援していきたい」と話しました。つづいて冨宅正浩柏原市長から祝辞をいただきました。

成年部、柏原市果樹振興会、柏原市観光ぶどうセンターを中心にブドウの展示・試食・即売コーナーを設置。農産物直売所「畑のつづき」の出荷者と実行組合による農産物販売や、各支店による模擬店、同地区女性会による「とうふドーナツ」の販売なども行った。女性会加工部は「かしわらぶどうジュレ」を販売し好評でした。

IMG_1225.JPG

詳細はこちら

ページトップへ