JA中河内

JA大阪中河内についてJA大阪中河内について

組合長ごあいさつ

大阪中河内農業協同組合 代表理事組合長 西川 喜清
大阪中河内農業協同組合
代表理事組合長
西川 喜清

JA大阪中河内のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
平素は、当JAの各事業運営に深いご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

当JAが管内とする「八尾市・柏原市・松原市・東大阪市」は、古くから『中河内』と呼ばれ、大阪の農業・産業の中核的役割を果たしてきました。商工業が盛んな印象の中河内エリアですが、農業も盛んに行われています。コメの生産をはじめ、消費地に近い強みを生かした「八尾若ごぼう」「八尾えだまめ」、生駒山麓の傾斜地を利用した「柏原ぶどう」やミカン、2017年に「なにわの伝統野菜」に認証された難波葱、都市部の農地でも効率よく栽培できる、コマツナ、ホウレンソウなどの軟弱野菜が、当JAが誇る主な農産物となっています。

JAの使命は、組合員の営農とくらしを豊かにし、ひいては、地域の農業を振興し、安心して暮らせる豊かな地域社会を築くことにあります。そして「地域にあってよかったな」と思われる存在であることを目指しています。
近年は「農産物直売所 畑のつづき」の新店舗オープンや既存の店舗のリニューアルオープンなど、安全・安心な農産物をたくさんの方々に提供するための取り組みを進めてきました。さらに「JA大阪中河内ブランド」を広く知ってもらうため、役員が率先してメディアに登場し、特産品のアピールを行っています。
また、各地区のJAまつりや各種直売イベントなどではJA協力組織、各自治体などの方々と連携しつつ地場産農産物を販売を通じて、消費者の皆様との交流を図り、JAへの理解を深めています。

これからも「農と緑を守り、豊かな地域社会の創造と発展に貢献するJAを目指します。」という経営理念のもと、皆さまに信頼されるJAを目指し、クイックレスポンスをモットーに、組合員ファーストを実践します。

役職員一丸となって努力してまいりますので、いっそうのご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

経営理念

農と緑を守り、豊かな地域社会の創造と発展に貢献するJAを目指します。

経営方針

  • 1.都市農業の振興と地域の共生
    人・自然・環境を大切にした農業の担う役割の再確認と、都市と緑が共生する快適で住みよい街づくりを目指します。
  • 2.地域密着化の促進
    営農指導体制をより充実させ、地産地消による「より安心・より安全」な農産物の提供及び農業の担い手不足への配慮をしつつ、受託事業への取り組みに努めます。
  • 3.信頼と期待に応える経営
    信用を第一として、組合員・地域住民の負託に応えるために堅実な事業運営に努め、コンプライアンス体制の充実を図り、信頼にもとづいた人と人とのつながりを深めます。
  • 4.経営基盤強化のための合理化・効率化の挑戦
    効率的な経営組織の確立と監査体制の充実により、自己責任原則にもとづいた経営管理により、経営基盤の一層の強化に努めます。
  • 5.明日を見つめた人づくり
    「礼儀」・「誠実」・「感謝」をモットーとして、時代の流れに即した人づくりに努めます。
  • 6.内部統制システムの整備
    法令の遵守、損失の危機管理及び適正かつ効率的な事業運営を目指し、ガバナンスの質の向上を図るため、内部統制システムの整備に取り組みます。

大阪中河内農業協同組合行動計画

全ての職員がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うとともに、次世代育成支援について地域に貢献するJAとなるため、次のような行動計画を策定いたします。

計画期間

2017年4月1日から2020年3月31日までの3年間

内容

■ 目標1
「所定外労働削減のため設定したノー残業デーの完全実施と、ノー残業デーの拡充を実施する」

【対策】
2017年4月~:組合内通知を活用した周知・啓発の実施
2017年10月~:ノー残業デーの実施状況等の分析と指導

■ 目標2
「2020年3月までに、特別休暇と年次有給休暇の取得合計日数を、
一人当たり年間平均10日以上とする」

【対策】
2017年10月~:組合内通知を活用した周知・啓発の実施
目標3「出産・育児に係る既存休暇制度の周知徹底と取得促進」

【対策】
2017年5月~:育児休業から復職した職員に育児短時間勤務等規程について説明を行う
毎年1回:会議等により職員全員に制度の周知に努める

ページトップへ