JA中河内

ふれあい情報ブログふれあい情報ブログ

JA大阪中河内で行いましたイベントなどの活動報告です。

成育観察用ドローンで実証実験

その他 2021/01/12

12月21日、ドローン(小型無人飛行機)による実証実験を柏原市ぶどう栽培同好会会員の圃場(ほじょう)で行いました。この日、府・JA職員・メーカー関係者8名が参加し、DJI社の成育観察用ドローン「P4M」ファントムをJA職員が操縦して、ぶどう棚の上を飛行し成育状況を観察するというものです。

●IMG_1197.JPG

※写真=実証実験でぶどう棚へ操縦するJA職員(21日柏原市神山圃場で)

詳細はこちら

「大阪初」農業用ドローンで省力化を実証実験!!

その他 2020/12/28

12月7日、大阪で初となるドローン(小型無人飛行機)による実証実験を柏原ぶどう栽培同好会会員の圃場(ほじょう)で行いました。大阪府柏原市は、急傾斜地域を含む園地でのぶどう栽培が盛んで、「柏原ぶどう」の産地として有名所です。この日は、府・JA職員・メーカーの関係者12名が参加しました。●IMG_0958.JPG

写真=実証実験でドローン操縦するJA職員(7日、柏原市青谷圃場で)

詳細はこちら

令和2年産玄米の「買い取りと米穀検査」を実施

その他 2020/11/17

令和2年産玄米の「買い取りと米穀検査」を実施

営農経済部は、令和2年産の玄米の買い取り作業を実施しました。

この作業は毎年恒例で対象は、組合員で今年6月に買い取りの申請を募集しました。

検査員たちが玄米の適切な量や等級を決める品質チェック、水分の量を測定する米穀検査を行いました。

IMG_0188.JPG

詳細はこちら

令和2年度 新入職員が農作業体験研修に参加しました

その他 2020/10/26

営農経済部は、営農総合センターで10月5日から、令和2年度新入職員を対象に、今年最後の農業体験研修を開始しました。研修内容は稲刈り体験や稲刈り後の籾を乾燥させた後、籾摺りした玄米を袋詰めする作業。19日間で9人が体験します。

●IMG_9400.JPG

写真= 籾摺り後の玄米を袋詰めし積み上げる新入職員(7日、営農総合センターで)

詳細はこちら

当JAより2人が「なにわ農業賞」受賞!!

その他 2020/10/08

管内で専業農家を営む2人が「なにわ農業賞」を受賞しました。

この賞は、大阪府の農業者で先進的な農業経営を実践することで地域農業をリードし、府民への大阪農業に対する共感の輪を広げ、経済価値の向上に寄与している農業経営者を大阪府農業会議が表彰するものです。

●IMG_9393.JPG

詳細はこちら

桃山学院大学インターン生がJA直売所で学習!!

その他 2020/10/02

9月中旬の2日間、桃山学院大学の学生12人のインターンシップを受け入れた。

内容は、課題解決型のインターンシップに取り組む経営学部ビジネスデザイン学科の2回生約80名が、事前研修やJA農産物直売所での実習、アンケート調査結果を踏まえて、JA農産物直売所が抱える課題を発見し、その解決策・今後の提案を成果報告会でプレゼン発表するもの。

●image5.jpeg

詳細はこちら

秋季予約肥料・農薬引き渡しスタート!!

その他 2020/09/25

営農経済部は、9月7日から19日にかけて秋季予約肥料・農薬の引き渡しを開始しました。

●IMG_8716.JPG

詳細はこちら

「八尾の花」宣伝カー町へ出発!!

その他 2020/09/18

営農経済部は、業務で使う自動車に、八尾市特産「八尾の花」をPRするマグネットシートを貼り付け、フットワークを活かした「走る広告塔」としてPR戦略を行います。

八尾市農業啓発推進協議会(JA大阪中河内、JAグリーン大阪、八尾市、大阪府で構成)の取り組みの一環で市も公用車に同様のマグネットシートを付けて走らせます。

特に同市東部にある高安山山麓が、地元では「やまんねき」(山のふもとの意味)と呼ばれる「八尾の花」の産地で、古くから人々がくらす里山として親しまれている。「八尾やまんねき・花づくりの里」としても同時にPR。

このマグネットシート付きの自動車は、9月から12月末まで走行します。

●IMG_8672.JPG

写真=今月より走り出した「走る広告塔のPRカー」

第2期 農業塾開講! 第1、2回の講義、実習を行いました

その他 2020/09/11

8月25日 開講式、講義:土づくりの基礎

八尾市の営農総合センターで2期目となる「農業塾」を開講しました。開講式には19人が参加しました。

「農業塾」は新規就農者や定年帰農者、農産物直売所「畑のつづき」出荷者の生産技術向上と、管内農地を守り、直売所の活性化につなげることを狙いとして昨年開講。2期目の今年は講義14回、実習21回の研修で農業の基礎を学びます。受講対象者は管内在住で、就農または直売所へ出荷を目指す組合員。広報誌等で募集しました。

つづいて行われた第1回目の講義では、JA大阪中央会 大阪農業振興サポートセンターの藤原大佑氏が講師を務め、理想の土壌(野菜づくりに適した土)などについて説明。講義終了後には、研修圃場を視察しました。

●IMG_0151.jpg

詳細はこちら

野菜苗の播種作業スタート!!

その他 2020/09/09

8月25日、営農総合センターで営農経済部営農指導員による管内7店舗の農産物直売所「畑のつづき」の出荷者へ販売する野菜苗の播種(はしゅ)作業を行いました。

●IMG_7882.JPG

詳細はこちら

1 2 3 4 5 6
ページトップへ