JA中河内

ふれあい情報ブログふれあい情報ブログ

JA大阪中河内で行いましたイベントなどの活動報告です。

柏原地区女性会加工部 販売用「ぶどうジュレ」完成!

組合員活動 2020/12/02

JA大阪中河内柏原地区女性会加工部は、11月20日に販売用の「ぶどうジュレ」造りを行いました。毎年、この時期に行っており、6人態勢で作業をしました。

工程としては、ぶどうの粒を一つずつ外してきれいに洗った後、押しつぶし、ジュースにします。このジュースを鍋で煮詰めながら砂糖を加え、かき混ぜる作業を40分ほど行って、最後にレモン果汁を加え、ジュレが出来上がりました。

写真1.jpg

詳細はこちら

第7期 女性大学開講!

組合員活動 2020/10/30

JA大阪中河内は10月20日(東大阪地区)、23日(柏原地区)に女性大学「あぐりんレディ倶楽部(くらぶ)」第7期生の開講式を行い、その後、第1回目となるアクセサリー作り講座を開きました。今期はこの両地区で開講し、東大阪地区は石切支店、柏原地区は堅下支店を会場とします。開講式には東大阪地区13人、柏原地区13人が参加しました。

式典では、学長を務める西川喜清代表理事組合長が「女性が活躍する時代になりました。知識の習得は本人の財産になりますので、ぜひできるだけ多くの講座に出席し、たくさん学んでください」と歓迎の言葉を述べました。

IMG_0002.JPG

詳細はこちら

「あぐりんレディ倶楽部」の修了式開催!!

組合員活動 2020/09/28

令和2年9月9日(八尾地区)と16日(松原地区)に、女性大学「あぐりんレディ倶楽部」第6期生の最終講座となる「快適でラクに暮らすための整理収納講座」を開き、その後、修了式を行いました。

修了式には八尾地区で22名、松原地区で6名が参加されました。

●IMG_0090.JPG

詳細はこちら

八尾市花き園芸組合の菊が出荷ピーク

組合員活動 2020/08/04

八尾市花き園芸組合連合会(北高安地区 神立花き園芸組合)では、お盆用菊の収穫と箱詰め、結束などの出荷作業が最盛期を迎えています。この忙しい時期は彼岸まで続きます。

主な出荷先は、近畿圏に複数ある花き市場で同組合の花は開花率が高く、日持ちするとして高評価を得ています。

●IMG_7862.JPG

詳細はこちら

第1期 『農業塾』 修了式を実施

組合員活動 2020/07/28

JA大阪中河内は21日、「農業塾」第1期生22名の修了式を実施しました。

●IMG_0084 - コピー.JPG

詳細はこちら

国分ぶどう出荷組合が今季初出荷!!

組合員活動 2020/05/26

国分ぶどう出荷組合は25日、国分出荷場で柏原市特産「柏原ぶどう」の今季初出荷を迎え、5戸の農家から約1.8トンのデラウェアが持ち込まれました。

スライド1.JPG●写真=(25日、JA大阪中河内国分出荷場で)

詳細はこちら

「柏原ぶどう」がスタート!!

組合員活動 2020/05/15

柏原営農購買所は4月23日から、露地栽培「デラウェア」のジベレリン処理が適期に行われるよう圃場調査を開始しました。毎年、柏原地区のブドウ農家を対象に「ジベレリン処理適期講習会」を行っていますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、講習会は行わず書面対応で行う予定です。

スライド1.jpg

詳細はこちら

柏原市の奥野成樹さんが「おおさかNO-1グランプリ」受賞者報告会で発表

組合員活動 2020/03/16

2020年3月5日、JA大阪センタービルで「おおさかNO-1グランプリ受賞者報告会」が開催され、2017年に第1回グランプリに輝いた柏原市のブドウ農家・奥野成樹さんが、受賞後の取り組みを発表しました。「おおさかNO-1グランプリ」は自ら考案した経営強化プランを競うコンテスト。若手農業者が先駆的で波及性のある経営モデル構築をめざすものです。今回は「大阪アグリアカデミア(農業経営ビジネススクール)」の受講生に向けてプレゼンが行われました。

●DSC_0023.JPG

詳細はこちら

南高安支部成年部会が「八尾若ごぼう」で社会貢献

組合員活動 2020/03/12

南高安支部成年部会(若林茂会長)は2月21日、八尾市の「畑中真美農園」で、社会福祉法人八尾隣保館「ルフレ八尾」の児童、小学1年生から3年生の15名を対象に「八尾若ごぼう」の収穫体験を行いました。

●IMG_4824.JPG

参加した子どもたちは、春の温かい日差しのもと、「八尾若ごぼう」を力いっぱい引き抜き、土を払う作業を楽しみながら体験しました。普段、土に触れる機会が少ないため、この収穫体験を心待ちにしています。

ブログ用写真.jpg

写真=「八尾若ごぼう」を収穫体験した子どもたち(21日、八尾市・畑中真美農園で)

●同成年部会は毎年、福祉施設への農業体験を通じた社会貢献活動を継続して行っています。子どもたちはこの農業体験を通じて、普段食べている野菜は農家の方が手間暇をかけて畑で一生懸命育てていることへの感謝の気持ちを学ぶ機会となりました。

ぶどう栽培同好会会員が協力し研修圃場に農舎を設置

組合員活動 2020/03/10

2020年2月13日と28日、JA大阪中河内ぶどう栽培同好会(金銅正起会長、会員27名)が、柏原市内にあるぶどうの試験栽培や講習会を行っている研修圃場に農具を収納する倉庫を新設する作業を行いました。2月13日には17名が参加。2月28日には7名が参加しました。

●DSC_0878.JPG

詳細はこちら

ページトップへ