JA中河内

ふれあい情報ブログふれあい情報ブログ

JA大阪中河内で行いましたイベントなどの活動報告です。

八尾南駅改札前で旬の「八尾若ごぼう」をPR販売!

農産物PR・イベント 2020/03/03

八尾市農業啓発推進協議会(JA大阪中河内、JAグリーン大阪、大阪府、八尾市で構成)は2月20日、21日の両日、大阪メトロ谷町線八尾南駅の改札前で、「八尾若ごぼう」をはじめとする八尾市産の野菜の販売会を行いました。この販売会は毎年実施しており、ポスターやのぼりを立てて周知したところ、販売開始前から約40人が列を作っていました。

DSC_0004.JPG

詳細はこちら

旬の「八尾若ごぼう」 都心でPR

農産物PR・イベント 2020/03/03

2020年2月20日、大阪市中央区にある複合商業施設「淀屋橋odona」前で行われた「旬のたよりマルシェ」に参加し、「八尾若ごぼう」と「難波葱」をPR販売しました。この催しは、都心で旬の農水産物を限定販売するイベントで、当JAの他、奈良、和歌山のJA、兵庫県漁連なども出店しました。

●DSC_0143.JPG

詳細はこちら

八尾市の畑中真美農園で『八尾若ごぼう』掘り取りイベントを実施!

農産物PR・イベント 2020/02/25

八尾市農業啓発推進協議会(JA大阪中河内、JAグリーン大阪、大阪府、八尾市で構成)は2020年2月15日、16日の両日、八尾市の「畑中真美農園」で「八尾若ごぼう」の収穫体験を行いました。地域特産品のPRと農業に対する市民の理解を深めてもらうため、10年以上前から毎年開催しています。「春を告げる野菜」と呼ばれる「八尾若ごぼう」を自ら収穫できる場として好評のイベントとなっています。一般市民を対象に市政だよりやホームページで参加者を募集し、2日間で約150人が参加しました。

●DSC_0107.JPG

詳細はこちら

難波葱フェスタ開催!

農産物PR・イベント 2020/01/22

1月16日、大阪市の難波周辺で「第3回 難波葱フェスタ」のオープニングセレモニーおよび難波葱の配布が行われました。1月16日から26日にかけて行われる「第3回 難波葱フェスタ」の開催を周知することがねらいです。

●IMG_0126.jpg

このイベントでは、ハッピや難波葱を模した帽子で着飾った関係者の手により「難波葱フェスタ」のチラシと難波葱(袋入り1束)が先着700名に配布されました。JA大阪中河内松原地区難波葱部会および当JA営農指導員も参加し、難波葱の魅力を道行く人々に大きくアピールしました。

2.jpg

https://www.ja-osaka-nakakawachi.or.jp/info/uploads/938b85a0dee82bdb74fed8ab1c5c563234d86586.pdf

詳細はこちら

JA大阪中河内が柏原とくとく市に参加!!

農産物PR・イベント 2019/12/24

IMG_3667.JPG

12月14日に柏原市役所前の大和川河川敷にて開催された柏原とくとく市に参加し、地元新鮮野菜の即売を行いました。

この催しは、柏原市と柏原市商工会議所が主催し、10年以上続いています。

IMG_3637.JPG

当日は、同JAを含む15店が出店し、JAからは、地元新鮮野菜を販売している農産物直売所「畑のつづき柏原店」と同店が開催する年に1度の「畑のつづき感謝祭」のPRも兼ねている。職員をはじめ、営農経済関係者10名が参加して寒空の下、声を枯らしてPRし、販売を行いました。

詳細はこちら

畑のつづき八尾店で漬物実演販売イベント

農産物PR・イベント 2019/12/23

農産物直売所「畑のつづき八尾店」では、旬を迎えた大根や白菜など野菜の購入をすすめるため、11月26日と12月4日の2日間、漬物実演販売イベントを実施しました。「畑のつづき」で販売している野菜と「漬物の素」を使い、「手軽で簡単に漬物ができる」とアピールしながら来店者に試食を提供しました。

IMG_3313.JPG

詳細はこちら

東大阪市産の米とイモを使用したオリジナル焼酎作り

農産物PR・イベント 2019/11/18

東大阪市農業振興啓発協議会(東大阪市、JA大阪中河内、JAグリーン大阪)は、今年で6回目となる「大人のための農業体験プログラム・いも」の取り組みとして、11月4日に東大阪市内にある圃場(約25アール)でサツマイモの収穫を行いました。

s-IMG_0082.jpg

詳細はこちら

初売りに長蛇の列「新米フェア」を開催!

農産物PR・イベント 2019/11/05

JA大阪中河内成年部本部役員会(竹田雅実会長)は10月26日、今年で4回目となる「新米フェア」を農産物直売所「畑のつづき」全7店舗で開きました。このイベントは、地産地消による地域農業の振興とコメの販路拡大を図るために、自らが生産者である同役員会が企画し、JA役職員と協力して販売を行いました。

「新米フェア」では、JA大阪中河内オリジナルブランド米「河内っ子ひのひかり」の新米を5kg1,480円(当日限定価格〈税込〉)で販売。今年の初売りとなる新米を買い求めるため、各店とも開店前から長蛇の列ができていました。

八尾河内っ子.JPG

詳細はこちら

柏原地区JAまつりを開催!!

農産物PR・イベント 2019/09/26

9月14日、第10回柏原地区JAまつりを大和川河川敷(柏原市役所前)で開催しました。

開会に先立ち当JAの西川喜清代表理事組合長が挨拶し、「JAまつりでは安全・安心な地元の農産物をお買い求めいただき、地域交流の場として盛り上げたい。また、特産の『柏原ぶどう』はマレーシアへの輸出を拡大しており、『柏原ワイン』はG20で世界各国の首脳に振るまわれた。この歴史ある地元の特産品をしっかりと応援していきたい」と話しました。つづいて冨宅正浩柏原市長から祝辞をいただきました。

成年部、柏原市果樹振興会、柏原市観光ぶどうセンターを中心にブドウの展示・試食・即売コーナーを設置。農産物直売所「畑のつづき」の出荷者と実行組合による農産物販売や、各支店による模擬店、同地区女性会による「とうふドーナツ」の販売なども行った。女性会加工部は「かしわらぶどうジュレ」を販売し好評でした。

IMG_1225.JPG

詳細はこちら

大阪城マルシェで『柏原ぶどう』をPR!

農産物PR・イベント 2019/09/26

9月15日、大阪城公園内で行われた「大阪城マルシェ」で「柏原ぶどう」のPR販売を行いました。このイベントは、大阪城パークマネジメント共同事業体が主催し、全国から農産物や農産加工品を販売する24団体が出店。当JAは大阪府と大阪府内のブドウ産地の市町村などで構成する団体「大阪ぶどうネットワーク」の一員として、「大阪ぶどう」と「大阪ワイン」のプロモーション活動として参加しました。

●DSC03527.JPG

詳細はこちら

ページトップへ